FC2ブログ

テンプレに苦戦中!!! 相互リンク相互RSS募集中でございます。

黒猫

韓国の経済学者「日本と対立を続けたら韓国経済は滅びる」→「日本の方が滅びそうだが?」 韓国の反応

韓国旗
 韓国人の反応を見ましたが!!!井の中の蛙。。。
世界を何も知らない、日本と韓国が対等だと思っている!!!

酷いのは日本よりも上と考えている、これは異常ですよね
台湾と韓国は経済が近いと思いますが台湾人に聞いたら韓国とは真逆な意見でしょうね

GDP差が3倍ですけどね。。。これだけ見ても世界は解るんですけどね
韓国人には見えないんでしょうね、洗脳って怖いですね

日本でも洗脳は行われていますから勉強すべきですね
特にテレビの言うことは利益誘導ですから

韓国の経済学者「日本と対立を続けたら韓国経済は滅びる」→「日本の方が滅びそうだが?」 韓国の反応

にほんブログ村
関連記事
スポンサーリンク

テーマ : 日本を正常な国に戻したい
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

日本経済を止めた「原因」を認めないのか?

日本経済を止めた「原因」を認めないのか?

法務省のHP
上陸審査状況は こちらです
⇒法務省上陸審査
4月の速報値はこちら
⇒4月上陸状況
1日、11人
2日、24人と少数ですが
3日から378人と跳ねあがっていますあせる
これは、
・日本人の配偶者
・永住者の配偶者
などの理由が入った官僚文書で中国人の入国が許されているのです。

【参考情報】
【金融街の掲示板】馬雲企業の破綻は関連のあるソフトバンクへの影響は

日本経済を止めた「原因」を認めないのか?をカチッとね!


詳細は
【マスコミ隠蔽の掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj4_hdir.cgi
愛信情報市場(アメブロ版)
https://ameblo.jp/ax02ameba/entry-12589250671.html

LINEを使わない韓国人たち

安倍自民創価学会公明党内閣(国)に騙されて、NHKに騙されて世界中で日本人
だけが使用している朝鮮企業のLINE。
 オレオレ詐欺や金融犯罪などあらゆる犯罪の温床となっているLINEを推奨してい
るのは安倍自民創価学会公明党内閣(国)である事を多くの日本人に拡散して安倍
自民創価学会公明党(国)の正体を多くの日本人に知ってもらいましょう。
 支那朝鮮人に支配されている反日売国テレビ局・マスコミの報道しない自由を行
使させない運動を広げよう。

詳細は
【情報・通信の掲示板】第2巻
http://aixin.jp/axbbs/jht/lbjhtl.cgi
愛信情報市場(アメブロ版)
https://ameblo.jp/ax02ameba/entry-12589269196.html>

マスコミの大嘘と世界政府、不安で思考停止にさせられていない?

マスコミの大嘘と世界政府、不安で思考停止にさせられていない?

コロナウイルス【過去最高にヤバい話をします、特に最後】
マスコミの大嘘と世界政府、不安で思考停止にさせられていない?

https://youtu.be/3eSEHuKIixc
(動画)
支那朝鮮に支配されている反日売国テレビ局・マスコミの論評を鵜呑みにしないで
自分の目と自分の耳で確認して自分の頭で判断しよう。
そして、行動を起そう、運動を起そう。
安全・安心で自由な日本人社会を次世代へ伝える為に今の私達の責任を果たそう。
自分にできる事からはじめよう。  それが最初の第一歩。

詳細は
【マスコミ隠蔽の掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj4_hdir.cgi
愛信情報市場(アメブロ版)
https://ameblo.jp/ax02ameba/entry-12589250671.html
最新コメント
RSS
スポンサーリンク


にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ Powered By 画RSS
広告 レンタルサーバー借りたいです。(笑)
    カテゴリ
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    政治・経済
    25位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    政治活動
    12位
    アクセスランキングを見る>>


    感謝カウンター
    月別アーカイブ
    ブログランキング参加中 応援してください
    リンク  してください
    アクセスランキング
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    ランキング
    フリーエリア
    ブログパーツ
    投票
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文: