注目記事

テンプレに苦戦中!!! 相互リンク相互RSS募集中でございます。

中国韓国、両国が伊藤博文暗殺犯の安重根の記念館を開設したことに米国は靖国参拝の時のように、近隣国の緊張を悪化させるような行動に"失望した"と声明を出さないのかな?

 フィフィさんは まだ日本、日本人の本質までは理解していないのですね。。。
日本が怒った時の怖さを知らないのでしょう(笑い)今はまだ腹にたくさん怒りを貯めている状況です。
世界一の技術を持ち、世界一冷静沈着、ロシアより怖いかも知れませんよ(笑い)
刺し違えても相手が死ぬならば勝負するのが日本です。。。今はどうかな。。。
中国韓国は デフォルト寸前ですからね。。。いじめないのでしょう(笑い)

にほんブログ村




【送料無料】小説伊藤博文 [ 童門冬二 ]

【送料無料】小説伊藤博文 [ 童門冬二 ]
価格:1,100円(税5%込、送料込)


関連記事
スポンサーリンク

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

フィフィさんは、害国塵ではなく外国人ですから、きっと歯痒いながらも、このように怒ってくれてるのだと思いますよ。
どうして反撃しないの(口惜しい)って感じで。
やらなきゃならんのは日本人なのだから。
でも、崖っぷちに立っても、冷静な大人()なんでしょうね。
自分も、流石にこの期に及んでのシナ・チョンらとの国交は不可思議で仕方ない。
洗脳やスリコミ華やかだったちょい前ならともかくも、「断交はさすがにできないでしょ」という根拠のない工作に、いつまで乗っかってるんだろう。
ダメリカもそんな日本を見透かして、楽な方に我慢を強いることを続けるだろうに。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
RSS
にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ Powered By 画RSS
広告 レンタルサーバー借りたいです。(笑)
    最新コメント
    カテゴリ
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    政治・経済
    11位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    政治活動
    5位
    アクセスランキングを見る>>

    スポンサーリンク


    感謝カウンター
    ブログランキング参加中 応援してください
    リンク  してください
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    アクセスランキング
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    ランキング
    フリーエリア
    ブログパーツ
    投票