FC2ブログ

テンプレに苦戦中!!! 相互リンク相互RSS募集中でございます。

黒猫

内政干渉です。ドイツ政府は、死刑廃止をそんなに本気で望むなら、まず、中国や北朝鮮と対話をしてください!

EU旗
 ドイツは中国に首根っこを掴まれているので中国の言いなりです。
パンダハガーですね、ドイツ企業の株を中国がたくさん持っているんでしょう

中国は早く破綻させた方がいいですね、ドイツも破綻でしょけれど。。。
米中経済戦争はそういうことです、ドイツ潰しも出来ると言うことですね
ドイツが潰れるとEUも潰れるだからイギリスEU離脱したと言うことです。

そしてイギリスは日本に近づいた。。。
ただしイギリスは二枚舌なので危険な国では有ります

ロシアワールドカップはEUが強いですが最後の華と言うことでしょうか!!!
何かしらのメッセージが有るのかもしれません
ドイツが韓国に負ける。。。なんか有りそう

にほんブログ村


関連記事
スポンサーリンク

テーマ : 日本を正常な国に戻したい
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

共通認識のある国家にしか言えない。

独裁人治国家と民主的法治国家の違いが、死刑に対する見方を変えている。
どちらが正しいか?
戦争は、どうなのか?
都合で人間は、味方を変える。
東京裁判は、その典型である。
時代が進めば、人間の進化が望めるのか?
今の段階は、首謀者が、故意にそして無差別に殺人を命令し実行させた。
其れに付き従った人間も同罪と見るべきで、洗脳・催眠によるロボット化は、無意識とは言え、罪で有ると考えられる。
洗脳であっても良い殺人行為として判断している。
当然そこに相互主義を取り入れざる得ないのではないか。
つまりハムラビ法典である。
善悪関係なく行為そのものに焦点を当てれば良い。
RSS
スポンサーリンク


にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ Powered By 画RSS
広告 レンタルサーバー借りたいです。(笑)
    最新コメント
    カテゴリ
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    政治・経済
    10位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    政治活動
    4位
    アクセスランキングを見る>>

    スポンサーリンク


    感謝カウンター
    月別アーカイブ
    ブログランキング参加中 応援してください
    リンク  してください
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    アクセスランキング
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    ランキング
    フリーエリア
    ブログパーツ
    投票