FC2ブログ

テンプレに苦戦中!!! 相互リンク相互RSS募集中でございます。

黒猫

海外の反応 『日本で第四の文字発明か、漢字、カナ、平仮名に並ぶ』日本語入力は世界標準で搭載すべきだと海外が騒然

日の丸in日本
 こんな風に日本の文化は世界に広がって行くんですね!!!
中国人も作ることが出来た可能性が有るのに作れなかった。。。

中国人も漢字を使いますからね。。。文化力の差なんですかね
韓国は。。。(笑い)漢字を捨てた民族ですからね馬鹿です。

やはり差と言うのは有るんですね。。。
英語圏だと標準で日本語は表示されないでしょうから
標準で搭載は凄いかもしれませんね。。。

欧米では日本文化が入って来るのが怖いらしいですよ(笑い)

にほんブログ村

関連記事
スポンサーリンク

テーマ : 日本を正常な国に戻したい
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

75歳以上の医療費「3割負担」、対象を拡大 現役世代の過重負担軽減

75歳以上の医療費「3割負担」、対象を拡大 現役世代の過重負担軽減

http://www.sankei.com/politics/news/180807/plt1808070009-n1.html

【関連情報】
【置きビラの掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsjb.cgi

  日本に短期滞在する外国人に国民健康保険
証を発給して、組織的にあの手この手を駆使し
て医療費を騙し取る犯罪者集団を放置して、悪
徳医者と外国人が結託して日本の国民健康保険
を食い物にしている現実がある、医療費を湯水
のように使っている。 この様な現実を放置し
たまま医療費「3割負担」を持ち出すのは厚生
労働省の詐欺犯罪であり、国が日本国民から追
加医療費を騙し取るオレオレ医療費詐欺であ
る。 
 この例は静岡県伊東市の山林に大規模太陽
光発電施設を設置する計画が支那朝鮮人の業者
に支払う電気料金を地域住民から追加電気料と
して騙し取る詐欺犯罪を地方行政が容認する事
を意味して、各家庭から追加電気料を騙し取る
新手のオレオレ詐欺である事と同様である。

詳細は
【年金問題の掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj1.cgi 

厚生労働省の大臣は、創価公明だったね。

話が、繋がるね。
チャイナに日本の健康保険を使わせる。
日本人から金を巻きあげる。ついでにカジノでも日本人の金目当てです。
安倍が、創価公明、統一とつるんでいるだけで似非ユダヤの方向で動いている事になる。
ロックフェラーが逝っても動きは継続している。
安倍氏の危険は、其処に有る。
阻止すべきは、国民が阻止しなければ安倍氏は、身動きできんだろう。
それとも安倍氏は、グローバリストか?

朝鮮語(韓国ハングル語の)95%は日本語

朝鮮には"ありがとう"や"こんにちは"ゴメン"などの言葉や概念はなかった.カムサハムニダは日本語漢字を朝鮮読みに直訳して,感カム-謝サ[感謝]するハムニダ=有り難う,が併合後にうまれた. 朝鮮語の95%は日本語が元で,明治の赤レンガ造りの東京駅をそっくり真似てソウル駅舎を建て,鉄道道路電気,上下水道を敷き,奴隷層を解放,戸籍法にて姓名を与え,学校を5000校も建て,7つの言語を統一してハングル文字に漢字を加えて体系化して,教育を開始した日本.
李氏朝鮮時代は石器時代で,3%の貴族支配層と97%の虫けら同然の奴隷や農奴,山賊や気違い,化け物だらけで,貨幣も商店,道路もなく近場で道端に並べて物々交換していた.そのため,遠方との交易交流,物流がなく,人食い族の山賊だらけの"けもの道"だけで,言語体系が違って全く通じなかった.
南北では方言の差どころじゃなく,日本併合前まで,丁度38-39度線辺りを境に風習や食い物と言語,民族部族は完全に違っていて,中国でさえ自国に組み入れられない程の悪臭と疫病,糞だらけのワイ族(ワイ=糞,クソまみれ族)と呼ばれ,山賊や人食族の化け物だらけだった. 紀元前から治安と衛生があまりに悪く,歴代中国王朝は軍事政治経済の強固な要塞で朝鮮統治拠点の総督府である,楽浪郡(平譲辺り)と帯方郡(漢城,ソウル辺り)を置いて近寄らなかった.それが南では後の漢城府=京城府,現在のソウル特別市,北はピョンヤン=平譲となった
RSS
スポンサーリンク


にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ Powered By 画RSS
広告 レンタルサーバー借りたいです。(笑)
    最新コメント
    カテゴリ
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    政治・経済
    10位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    政治活動
    4位
    アクセスランキングを見る>>

    スポンサーリンク


    感謝カウンター
    月別アーカイブ
    ブログランキング参加中 応援してください
    リンク  してください
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    アクセスランキング
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    ランキング
    フリーエリア
    ブログパーツ
    投票