FC2ブログ

テンプレに苦戦中!!! 相互リンク相互RSS募集中でございます。

黒猫

海外「アマゾンで旭日戦犯旗のデザイン商品400種が売られている事が判明‥韓国のソ・ギョンドク教授が戦犯旗撲滅キャンペーンを展開」


 韓国にアマゾンは無いですよね!!!拒否された見たい
韓国のクレームは受け付けないんでじゃ無いでしょうか。。。

だって韓国からの利益は無いですからね
旭日旗デザインは永遠ですから(笑い)無くなることは無いです
クレーマー韓国vs世界が巻き起こればいいかと思っています。

海外「アマゾンで旭日戦犯旗のデザイン商品400種が売られている事が判明‥韓国のソ・ギョンドク教授が戦犯旗撲滅キャンペーンを展開」

にほんブログ村
関連記事
スポンサーリンク

テーマ : 日本を正常な国に戻したい
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

韓の言う戦犯とは?

当時は、併合とは言え鮮人も日本人として一応扱われていたが。
戦後日本籍を離れた訳で。
戦犯とは、鮮人にとってどういう行為を日本の戦犯と言うのか?
全く意味不明だが。

愛信情報、マスコミ隠蔽記事の検索が簡単になりました。

愛信情報、マスコミ隠蔽記事の検索が簡単になりました。

過去の事件、口蹄疫などを調べてみましょう。

愛信情報、マスコミ隠蔽、動画ニュース、
経済・政治のニュースの検索が簡単に
なりました

●愛信情報一覧
http://aixin.jp/gao/lbaxjhl.cgi

【マスコミ隠蔽のタイトル一覧】
http://aixin.jp/axbbs/kzsj/lbmkipl.cgi

【動画ニュースのタイトル一覧】
http://aixin.jp/axbbs/kzsj/lbdgnsl.cgi

【経済・政治タイトル一覧】
http://aixin.jp/axbbs/kzsj/lbkzsjl.cgi

【愛信情報市場逆アクセス・ランキング】
http://aixin.jp/garnk.cgi

No title

当時日本国だった京城ソウルの映画館では,真珠湾攻撃やマレー沖海戦など緒戦の日本軍の華々しい戦果を伝えるニュース映画を観て朝鮮人観客が熱狂していた.高級将校にまで朝鮮人がいたし,朝鮮人が日本人と一体となって大東亜戦争を戦っていた.さらに神風特攻隊に朝鮮人志願兵が参加していたし,敗戦後インドネシアに残留してインドネシア独立のために,オランダ軍と戦った日本兵の中にも朝鮮人兵士が含まれていた.

靖国神社に合祀の朝鮮兵士は,みな志願兵

1]志願兵の場合:1938年に陸軍特別志願兵制度,1943年に海軍特別志願兵制度が導入され,朝鮮人が一般の兵卒として陸海軍に入隊することができるようになり,1944年からは国家存亡の危機に伴い徴兵も行われた(海軍兵学校や海軍機関学校などの日本海軍の士官養成諸学校では,朝鮮人の入校を最後まで認めなかった). 血判書持参で志願した朝鮮人ですら質が悪く,志願にも関らず95%が審査でハネられた.
2]一般徴兵の場合:戦況悪化で朝鮮人にも徴兵が適用されたのは1944年9月からで,訓練のための入営は翌1945年1月から7月までの半年間で,日本内地で訓練中に終戦がせまり,船舶も不足で実戦には間に合わず. 従って前線に行った朝鮮人徴兵はほぼ皆無だった. 一般徴兵は相当に酷いもので,教育なんぞ無駄と親が働きに出して多くが小学校も出ておらず,読み書きソロバン(計算)に加え日本語など教えるハメになり,訓練まで半年の時間がかかった.国家存亡の危機で背に腹は変えられず,やむを得ず太平洋戦争の最後の半年あまりで徴兵を実施したのだった.そのため実戦には間に合わなかった(笑い話).従って前線に行った一般朝鮮人徴兵はほぼ皆無で,靖国神社に合祀されている約21,000人の朝鮮兵士は皆,特別志願兵制度で志願し,当時は日本国籍の日本人として戦った志願兵たちである.
最新コメント
RSS
スポンサーリンク


にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ Powered By 画RSS
広告 レンタルサーバー借りたいです。(笑)
    カテゴリ
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    政治・経済
    11位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    政治活動
    4位
    アクセスランキングを見る>>


    感謝カウンター
    月別アーカイブ
    ブログランキング参加中 応援してください
    リンク  してください
    アクセスランキング
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    ランキング
    フリーエリア
    ブログパーツ
    投票
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文: