FC2ブログ

テンプレに苦戦中!!! 相互リンク相互RSS募集中でございます。

黒猫

沖縄の空氏 東京大学が税金130億円で留学生会館を建設。日本人は1~2%しか入れない。東京の高級住宅街に格安で留学生に貸し、家族呼び寄せ住める大部屋やジムや大浴場もある。

日の丸in日本
 これって政治家がおかしいですよね、なんで日本人を大切にしないのか理解出来ません
日本人の税金でしょ、なぜ日本人に税金を使わない!!!!

確り教育をすれば日本人の方が優秀で日本の役に立ちます
売国奴の政治家が裏で暗躍しているんでしょう。。。
それと売国奴の役人どもですね、社会的な制裁が必要ですね

にほんブログ村


関連記事
スポンサーリンク

テーマ : 日本を正常な国に戻したい
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

日本古来の風習と古代イスラエルの風習

日本古来の風習と古代イスラエルの風習

【盆踊り】

 日本のお盆にはまた、もう一つ興味深い点があります。
 お盆のとき、日本人は「盆踊り」をします。これはじつは、仏教の
踊りではなく、古代から日本で行なわれていた「歌垣」と呼ばれる
踊りなのです。  歌垣は、上代(大和時代)から行なわれていた
もので、奈良朝時代に至って特に盛んになりました。
これは全国の男女の間に流行し、男女はそこで歌い、踊り、見合
いなどをして結婚を約束しました。

 踊りの仕方は、男女が交差し、円形の輪をつくり、一人の音頭取
りの唄につれて拍子をとりながら踊り、人数の増加するに従って二
重、三重の輪をつくる、というものでした。
 こうした風習は、古代イスラエルのものと全く同様です。

【関連情報】
おわら風の盆

インターネットで随所にこの様な情報があり、点と線が繋がるように広がりを見せる。
日本の起源は特ア3国や周辺諸国とは異なるもののようだ。
日本の神代文字で20万年~30万年前の岩絵が解読できる事が
判っている。
この事から古代イスラエルの習慣が古代日本民族の風習の名残
りであると断定できる。
即ち、地中海文明と同じ様にイスラエルのユダヤ文明も又大本は
日本文明であると判断できる。 キリスト教も仏教もイスラム教の
何れも八百万神(やおよろずのかみ)を崇める神道より派生した
ものであり、世界文明の大本が日本文明であるのと同様に世界
宗教の大本が神道であると判断できる。


詳細は
愛信情報市場(アメブロ版)
https://ameblo.jp/ax02ameba

今でもありますが、大本教。

一世を風靡した神道系宗教で、出口なお~養子の出口王仁三郎と有名です。
此処から今ある新興宗教が、広がっていった経緯がある。
教えとしては万教帰一であり、別に国家弾圧受ける様な宗教ではないですけど、当時爆発的な広がりを見せ中でも軍人が多く入信して居る為国が、動いたと思われる。
日本の神道系は、神懸かりによって神託と言うか降霊と言った一種トランス状態になって速記の様に毛筆で相当なスピードで文字を書くそうです。
その文字も記号に近く普通の人には、解らない。
降霊で有るからには、人間の肉体に降りてくる霊は、高位の霊であって、浄められた肉体にしか降りない。
普段肉体を持たない高位の霊は、肉体に宿る事自体が、苦痛を伴うらしく肉体の清浄化が、求められる。
したがって肉類は勿論乳製品なども御法度の様で一体何を食べているのだろうと思うくらい食物規制が有る。
これから見るとユダヤ教の食物規定と同じようなことだなと思う。
つまりコーシャ、清浄なと言う意味だが、決められた食物しか食べてはいけない事になっている。
日本の神道の宗教は、そんなところでユダヤ教の一致を見るのである。
バイブルは、どのようにして書かれたものであろうか?
降霊によるものか?紙の無い時代に毛筆で速記の様に多くの文字を早く書くことは不可能であったろう。
バイブルも何らかの暗示により書かれたもので有ると思う。



最新コメント
RSS
スポンサーリンク


にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ Powered By 画RSS
広告 レンタルサーバー借りたいです。(笑)
    カテゴリ
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    政治・経済
    14位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    政治活動
    4位
    アクセスランキングを見る>>


    感謝カウンター
    月別アーカイブ
    ブログランキング参加中 応援してください
    リンク  してください
    アクセスランキング
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    ランキング
    フリーエリア
    ブログパーツ
    投票
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文: